堀本わかこ公式ブログ

ふるさと納税の体験型返礼品について

博多の伝統工芸品博多人形

本日で、6月議会が閉会致しました。この件は、後日報告します。

本日は、昨年12月議会で、要望していた「ふるさと納税の体験型返礼品と企業版税制改正について」の一部が実現したことをお知らせします。

博多には、博多券番や博多人形などの伝統工芸品があり、これらの伝統を守り、後世に受け継ぐためには、市からの支援が不可欠です。そこで、クラウドファンディングのように、博多の伝統工芸を、何とか後押しできるようにと、ふるさと納税の返礼品を、モノだけではなく、コトを増やし、伝統文化の体験型メニューを創設することによって、博多伝統工芸と文化をPRしつつ、資金面でも応援をしたいとお願いしていました。

返礼品の内容は、「博多人形の絵付け体験」と、「博多芸妓に演舞を鑑賞とお座敷遊びを体験いただき、記念撮影という体験」という「モノ」ではない「コト」であり、これらの伝統を支援できる仕組みになっています。

市議会議員として、博多の文化を守りたいという市民の声を、なんとか市政に活かそうと、行政との勉強会を何回も行い、連日寝らずに試行錯誤し、実現できたことが本当に良かったです。昨日、市の担当の方が報告に来られた時、とても笑顔で一緒に喜べたので、本当に嬉しく思いました。博多の伝統文化を守ろうと声を届けて頂きました皆さま、本当にありがとうございました。

引き続き、博多と福岡市の未来をもっと元気に!

ふくおか応援寄付の体験型返礼品
PAGE TOP