堀本わかこ公式ブログ

【博多区にお住いの皆さまへ】

新型コロナの猛威。感染対策をやっていても、誰がいつ感染してもおかしくない状況です。

本日、PCR検査の結果、博多区市民課職員(委託業者含む)6名が、新型コロナウイルスの陽性と確認されました。

博多区役所の対応・今後も感染防止対策を講じた上で、区役所は引き続き業務を行いますが、市民課窓口につきましては、当面の間(2週間程度)、開設窓口数を減らして対応。

・濃厚接触者となった職員については、保健所の指導に従い自宅待機。

・毎日、庁舎内のカウンターや市民の手が触れる部分等については消毒済。8月27日閉庁後にも、改めて区役所全館の消毒。

・博多区役所窓口を減らすために、博多区役所窓口の混雑が予測されますが、住民票や印鑑証明等、各種証明書については、「博多駅証明サービスコーナー」や、他の区役所でもこれまで通り発行していますので、こちらもご活用ください。

以上が、福岡市が発表した区役所の対応の概要です。

福岡市では、新規要請確認者のうち、ワクチン2回接種2週経過された方が何人いるのかの数字を発表するようになりました。

福岡市の6月30日から8月20日までの集計では、陽性確認者のうち2.4%の方がワクチン2回2週間以上の経過のブレイクスルー感染です。つまりは、97.6%の方が未接種か1回のみ、または2回2週間経過未満ということになります。

ワクチン接種は、正しい数字でご判断いただきますようお願いします。

PAGE TOP