堀本わかこ公式ブログ

日本維新の会 学生局のオンライン会議

新人国会議員の10月31日の1日分の文書滞在交通費100万円について、日本維新の会に所属する国会議員が問題提起したことで、ニュース等で話題になっています。

わたしは、納税者が納得いくように、用途の公開と余ったお金の返金することが、透明性という観点で重要ではないかと思います。

報道でもよく比較される、地方議員に支給される政務活動費は、その用途は細かく規定されていて、余ったら返金するのがルールになっています。

例えば、市政報告のチラシの制作費用にも活用できますが、個人のプロフィール写真や、生い立ちなどのプロフィールを記載する場合、個人の政治活動とみなされて、この政務活動費から支出することが出来ず、個人支出をするなど、按分をしなければならないと判例が出るなど、厳しいルールで運用されています。

だから、わたしは、政務調査費から支出する市政報告を発行する場合は、公務以外の写真や、プロフィールなどは政務チラシに掲載しないように細心の注意を払っています。

他にも、2年半前の当選直後に議会資料づくりで使うために買った約13万円のノートパソコンも、私用で使うことも考えられるために、50%の個人負担での按分で、領収書を添付、期末に余った分は返金というのが、福岡市議会のルールです。

いま、政治に求められるのは、収めた税の使われ方の透明性だと思うので、日本維新の会の国会議員には、他党に屈することなく、頑張って欲しいと感じています。

昨日は、日本維新の会学生局のオンライン会議でした。若者の声を政治に届けようと、九州学生部が福岡維新の会に政策提言をされるとのことで、その報告をさせていただきました。

PAGE TOP